HOME > 創房みな・みなについて

指定就労継続支援B型事業所 創房みな・みな

指定就労継続支援B型事業所 創房みなみなについて

●指定就労継続支援B型事業所 創房みなみなは、精神の障がいをお持ちの方々が利用できる作業施設です。


①同じ障がいのある仲間たちとの憩いの交流をする集いの場

休憩室や喫茶室でお茶を飲んだりおしゃべりしたり同じ障がいを持った仲間たちと交流することが出来る、集いの場です。
また年に数回の旅行やパーティーなどにも参加できます。


②自己の障がいや体調に添った作業を行う自立生活と就労支援の場

本人と話し合いながら障がいや体調にあわせて段階的に作業時間と作業レベルと本人とサービス管理者が面談にて決めています。
また、その作業時間と作業レベルに応じた工賃が支払われます。

③開所日・時間

開所日:木曜日~月曜日(火・水曜日がお休みとなります。)
     ただし、火曜日は午前中のみの開所日あり。
     詳細は年度カレンダーにてお知らせしています。


④「指定就労継続支援B型事業所 創房みなみな」では大きく分けて5つ  の事業を展開しております。 下記参照。

◆茶寮ねこやなぎ(仕出し弁当製造・配達、ランチ提供、喫茶等)
◆工房ねこやなぎ(手作りクラフトの製造、販売等)
◆菓子工房 イリス・キス・キス(手作りお菓子製造、販売等)
◆ガレレーア イリス・キス・キス(創房みな・みな直営店、樹脂粘土ワークショップ開催等)
◆創作力の庭みなみな(創房みな・みな直営ネットショップの運営・管理、赤い実の会・創房みな・みなのホームページ運営管理、外注にてホームページ、ショッピングサイト構築など。)


⑤利用するには
  
  当事業所は医師による推薦が必要となっております。詳しくは、
  担当医師にご相談ください。また、見学はご予約いただければ
  自由ですのでまずはご連絡いただきますようお願いいたします。
  その際は、「ホームページを見て見学を希望したい」とおっしゃってい  ただければ幸いです。

事業所概要

事業所名
指定就労継続支援B型事業所 創房みな・みな
管理者
池田 和花

所在地


【指定就労継続支援B型事業所 創房みな・みな】
〒071-8132  北海道旭川市末広2条3丁目1番地18号


電話
0166-46-7712
FAX
0166-46-7712
E-mail
info@minamina.or.jp

事業内容
  • 旭川市及び上川周辺地域在住の精神障がい者・知的障がい者を対象に通所による活動の場を提供し、障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、精神障がい者・知的障がい者の社会参加の促進並びに地域自立生活支援及び生活の質の向上に資する活動を行い、精神保健福祉の増進に寄与することを目的に特定非営利活動法人赤い実の会が運営する就労支援事業の就労継続支援B型施設。

    【利用者】
    就労移行支援事業を利用したが、必要な体力や職業能力の不足等により、就労に結びつかなかった。一就労していて、年齢や体力などの理由で離職したが、生産活動を続けたい。施設を退所するが、50歳に達しており就労は困難な方が利用可能。
    ※なお、当事業所は医師による推薦が必要となっております。

    【サービス内容】
    事業所内において、就労の機会や生産活動の機会を提供[雇用契約は結ばない]するとともに、一般就労に向けた支援


  • 茶寮ねこやなぎ(仕出し弁当製造・配達、ランチ提供、喫茶等)

  • 工房ねこやなぎ(手作りクラフトの製造、販売等)

  • 菓子工房 イリス・キス・キス(手作りお菓子製造、販売等)

  • ガレレーア イリス・キス・キス(創房みな・みな直営店、樹脂粘土ワークショップ開催など。)

  • 創作力の庭みなみな(創房みな・みな直営ネットショップの運営・管理、赤い実の会・創房みな・みなのホームページ運営管理、外注にてホームページ、ショッピングサイト構築など。)

概要:「創房みな・みな」は障がいのある方々に通所していただき、創作活動や生産活動の機会を提供し、自立生活の支援と社会参加をサポートする事業所です。通常雇用が困難な障がい者に就労の機会を提供するとともに生活活動その他の活動の機会を提供を通じて、その知識及び能力向上のため必要な訓練等を供与する活動を行っております。

 

※創房みな・みなは、特定非営利活動法人 赤い実の会が運営する施設です。当事業所へお越しの際はこちらをご覧ください。


指定就労継続支援B型事業所とは
障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく就労継続支援のための施設。一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。同事業所の形態にはA、Bの二種類あり「B型」は、契約を結ばず利用者が比較的自由に働ける非雇用型です。

ページトップへ